自分で飛行実績の報告をしてみよう!

飛行許可が下りたらそこでおしまいではありません。

許可が下りた日から3ヵ月ごとに飛行実績の報告を行う必要があります。

今のところ罰則はありませんが、これを行わないことで次回の飛行許可承認申請において何らかの形で不利になる可能性もあります。なるべく飛行実績の報告は欠かさず行うようにしましょう。


まずは国土交通省の「航空:飛行実績の報告要領」を見てみます。

報告先は「無人機飛行実績担当」で飛行許可申請とは別の窓口が用意されているのがわかります。

メールアドレスや住所は「報告先、報告期限等」のPDFに記載されていますので、ここでは省略します。


飛行実績の報告は、飛行許可承認申請よりずっと楽です。

「無人航空機の許可承認に基づく飛行実績報告書の記載例」を見て、その通りに記載していくだけで済みます。

実際の記入に関しては「無人航空機の許可承認に基づく飛行実績報告書(様式)〔Excel形式〕」が公開されていますので、これに記入していきましょう。


報告日、申請者の所属、申請者名、許可承認の期間などは飛行許可承認申請書を作った際に書いたものをそのまま記入します。

許可承認日、許可承認番号は、飛行許可承認申請をした際に返送されてきた「無人航空機の飛行に係る承認書」に書いてありますので、これを記入していきます。


次は別紙1:飛行の日時等です。

これは「無人航空機の許可承認に基づく飛行実績報告書の記載例」を見ながらそのまま記載していくだけで結構です。


農薬散布の場合、飛行概要は「物件投下」になります。無人航空機名は「Butterfly 5」、離着陸の場所は大まかな場所の名前や住所名を記載します。

農地の場合、番地までの細かい情報を「全国農地ナビ」で調べることができます。


別紙2:飛行場所の地図です。

大量の場所を記載するとなると大変ですが、別紙1に詳しい情報を書いておけば別紙2の地図は代表的な地図を2~3ヵ所分作っておけばそれで問題ありません。

Googleマップ地理院地図Yahoo地図などから現場地図をスクリーンショットなどで取得し、画像編集ソフト(Windowsであればペイントなどでかまいません)で農地を囲いましょう。

あとはそれをそのまま画像としてはめ込めばいいだけです。


以下に国土交通省の飛行許可申請書記載例より引用した地図を掲載します。

実際にはここまできれいに作る必要はありません。

飛行場所がわかるように作るだけで結構です。


こうして作ったExcel形式のファイルを、前述の無人機飛行実績担当までメールで送るか、印刷して書類で送ります。

内容に問題があれば返信がきますので、なるべくメールに添付して送るのがベターでしょう。


以上、飛行実績報告書の作り方でした。

0コメント

  • 1000 / 1000

Butterfly UAV

農業用・農薬散布ドローン〝Butterfly (バタフライ)〟 5L搭載モデル 現在好評発売中