快適な農業環境をあなたに

 Butterflyは、新しい時代を切り開くパイオニアとしてデザインされた新型の農薬散布ドローンです。

 必要な機能を備え、利便性を追求しつつ価格を抑えたこのドローンは、防疫・除草に利用できるだけではありません。

 有機栽培用の木酢液や液状の害獣忌避剤など、液体であれば何でも空中散布することが可能です。

 農業の生産性を向上し、地域社会に貢献する。それがButterfly UAVの存在理由です。

農薬散布ドローンの魅力

❑ ドローンの魅力 肉体労働からの解放

 小規模農家にとって、高額な機械は簡単に手に入れられるものではありません。また機械を購入したとしても、重労働から解放されるとは限らないのです。

 特に農薬散布は、重い噴霧器と液剤を背中に抱えて長距離を移動するか、動力噴霧器を使って重いホースを引っ張っていくか、その二択しか選択肢がありませんでした。

 しかし、ドローンはその現実を大きく変えてくれます。

❑ 農薬の空中散布という選択肢

 これまでヘリコプターでしか空中散布できなかった農薬ですが、ドローンを利用することで個人でも気軽に空中散布ができるようになりました。

 価格が安い上に、ヘリコプターでの散布が不可能だった狭い農地、風圧に弱い作物でも利用することができるため、農薬の空中散布はより幅広い人々へ新しい選択肢を与える大きな変化となったのです。

❑ 誰でも簡単に操縦できる利便性

 操縦が難しいとされるヘリコプターに比べて、ドローンは圧倒的に操縦が簡単です。

 水平維持・高度維持は自動で行われ、GPSで自動的に位置を捕捉し、何も操作せずとも一定の位置に留まります。

 また、操縦が初めてだという方でも安心できるよう、フライトシミュレーターが標準装備されています。

 ドローンとパソコンをUSBで接続するだけで利用可能なので、初心者でも不安なく、初めての操縦に挑むことが可能です。